奥飛騨温泉郷に行ってきました~山の旅舎 中尾平

中尾平

2019年の冬の休暇に奥飛騨温泉郷に行ってきました。雪見温泉が見たいという目的で選んだお宿は「山の旅舎 中尾平」。

奥飛騨温泉の新穂高温泉に位置するお宿で全部屋6室という小さなお宿ですが、素晴らしいお宿でした。

奥飛騨温泉って?

まずは奥飛騨温泉について簡単に。

奥飛騨温泉郷は岐阜県高山市の温泉で平湯温泉、福地温泉、新平湯温泉、新穂高温泉の4つの温泉地帯の総称です。最近では某サイトで満足度第一位を獲得したとかいう話も。

岐阜の北に位置していて、白川郷や上高地が近いです。

関西からはアクセスは悪いです。というより、奥飛騨温泉郷がアクセスが悪いです。

関西からでは名神→東海北陸自動車道→高山→奥飛騨温泉で行きますが、車でだいたい5時間ぐらい。電車も高山駅まであるのですが、高山市内から奥飛騨温泉までだいたい1時間ほどかかります。

決して温泉街があって賑やかという感じの温泉ではありません。山の中の温泉。そんな印象を受ける温泉郷です。

「山の旅舎 中尾平」に行ってきた

さて今回行ってたのは、奥飛騨温泉郷の入り口である平湯温泉から車で約30分の新穂高温泉という温泉です。

山に登らない方には馴染みがないかもしれませんが、新穂高温泉には新穂高ロープウェイがあり、一気に2000mの高所まで行けます。

新穂高温泉というと、新穂高ロープウエイの周りにいくつか温泉宿があるのですが、今回は中尾高原の「山の旅舎 中尾平」に行ってきました。

こちらのお宿の特徴は、全6室という小さなお宿です。全6室しかないのですが、なんと貸し切り風呂が6つもあるのです。内湯が4つと露天風呂が2つあるというなんとも贅沢なお宿です。

中尾平

まずはお宿の外観から。木の温もりを感じる作りです。

ちなみに中尾高原まではバスでも行くことができるので、除雪はしっかりとされていました。しかし雪があることには変わりないので、しっかりと冬装備で挑んでください。

フロント

こちらがフロント。ここで露天風呂のカギを貸し出しています。

露天風呂へ

こちらが露天風呂のカギ。露天風呂は2つなので、カギも2つあります。

とくに時間制限もなく、カギがあれば露天風呂は空いているということみたいです。

露天風呂の地図

露天風呂の地図。露天風呂へは一度お宿を出なければいけないようです。この手作り感がいいですね。

フロントの奥が内湯になっていて、一階部分は食堂とお風呂、フロントとなっています。

客室は二階にあります。

廊下

客室の廊下。木の温かい感じがします。温泉の地熱を利用した床暖房なので、温かいです。

 

談話室

二階には談話室もあります。あまり人がいるところを見なかったですが・・・

談話室には漫画やUNO、知恵の輪などが置かれていました。

浴衣

浴衣はこちらで自由に取れるようになっています。

客室はこんな感じ

客室

客室はこんな感じ。二人用なので、そこまで広くはありません。

ロッキングチェアー

窓際にはロッキングチェアーが置かれています。このロッキングチェアーが最高です。

ずっとゆらゆらしていました。

窓が大きくて寒そうですが、もちろん二重窓になっています。

暖房が適度に効いていて、全く寒くなかったです。暖房はエアコンではなく、温泉熱を利用した暖房で部屋に空気清浄機もありました。

さっそく温泉へ

チェックインは午後3時からということで早めのチェックインを済まして雪見風呂に入りに行きます。

露天風呂へ

地図にもありましたが、露天風呂へは一度お宿の外に出なくてはなりません。

お宿には長靴が完備されていて、露天風呂へは長靴を履いていきました。

露天風呂

露天風呂は2つ。一つは屋根付きの露天風呂でもう一つは屋根なしの露天風呂です。

屋根なし露天風呂

まずは屋根なしの露天風呂から入ることにします。

結構な大きさ大人4人ぐらいは入れそうでした。

お湯の温度はちょうどいいぐらい。今年は暖冬だそうで、そこまで寒くは感じなかったです。

お宿の御主人曰く、外が寒くなると露天風呂の温度も急激に下がるようなので、注意が必要なのかもしれません。

雪見風呂

雪見風呂を堪能します。

奥は結構な森になっていて、いろいろな小動物が現れるみたいです。

周りはとても静かで誰も来ることはないので、ゆっくりと温泉に入ることができました。

内風呂はこんな感じ

内風呂は、簡単に言うと広いほうと小さいほう。どちらもシャワーがついていて、シャンプーなども完備されています。

内側からカギをかけることができますが、空いている状態か入っている状態かはお風呂の前の札を動かすことによってわかるようになっています。

感想

2019年のことで、およそ一年前のことを記事にしましたが、記憶がかなり曖昧になっていました。果たしてこの状態で記事にすべきか悩みましたが、途中まで記事にしていたので、今回更新することにしました。

ただ、奥飛騨温泉郷はかなりおすすめの温泉で、各温泉に特色があってどの旅館も行ってみたいと思えるところが多いです。ホテルもありますが、こじんまりとした旅館が好きな人にはまさにおすすめなのが、中尾平さんです。

全室6部屋ですが、各部屋に手入れが行き届いていて、温かい雰囲気の温泉旅館で、機会があれば再度訪れてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。