見習い山ガールを連れて立山へ【計画】

みくりが池

彼女さんを山ガールにするための旅行

2017年、秋。

山は富士山には登ったことがあるという彼女さんを山ガールにすべく、企画した立山登山旅行。

口を開けば山、山と言っていたので、関西近郊の山には一緒に度々登りました。

立山といえば初心者の山!と思っていたので、伊吹山に登れる体力があれば大丈夫と思いました。

私は2013年に立山に行って山に魅せられて、それから山登りを始めたので、きっと喜んでもらえると信じて企画しました。

喜んでもらえたかはわかりませんが、「山の上に温泉もあるんだよ。」と甘い言葉で山に連れていきます。

2017年の秋も天気があまりよくなくて雨が多かった気がします。

直前まで天気予報とにらめっこして、なんとか大丈夫ではないかということで、山に行くことを決意しました。

計画

今回のコースは富山側から立山室堂へ行き、立山(雄山、大汝山、富士ノ折立)に登り、雷鳥沢に下ってみくりが池温泉へ。

[sgpx gpx=”/wp-content/uploads/gpx/track-660014.gpx”]

コースタイムは、6時間30分。距離は9キロメートルの山行となります。

みくりが池温泉にて一泊し、一泊二日の山旅となります。

車で富山へ

一日目、午前1時に彼女さんを迎えにいき、高速に乗り、富山を目指します。

名神、北陸道などを使って富山へ。休憩しながらなので、だいたい5時間。

午前5時30分に富山県の立山駅に到着します。立山駅のケーブルカーの始発が午前6時だったので、少し仮眠をしてから出発します。

立山駅

天気は曇りです。

室堂に到着

立山室堂

午前9時。立山室堂に到着。

すでに人で溢れています。

2017年は天気が悪く、あまり山に登れていなかったので、室堂に降りたときからニヤニヤが止まりません。

「帰ってきたよ。」と思わず立山に向かって言ってしまいます。

室堂からみくりが池温泉に向かい、荷物を置いて立山に挑みます。

続く。

立山から剣岳

見習い山ガールを連れて立山へ【山行】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。